スポーツ

勝武士(高田川部屋)の持病や基礎疾患は?糖尿病が重症化の原因か

高田川部屋の勝武士がコロナによる訃報

13日、日本相撲協会が高田川部屋の勝武士(本名:末武清考さん)が新型コロナウイルスによる多臓器不全で亡くなったと発表しました。

4月4日から体調不良で38度の高熱が出ていたにも関わらず、なかなか受け入れ先の医療機関がなかったようです。

そうこうするうちに、4月8日には高熱のまま血痰の症状まで出てきたため、救急車を呼ぶも、それでも受け入れ先はなかなか見つからず。

ようやく4月8日の夜に都内の大学病院へ入院し、簡易検査をしましたが結果は陰性だったとのこと。

さらに症状が悪化し、別の大学病院に転院し4月10日にPCR検査を受けると、陽性がわかったようです。

その後4月19日には症状がさらに悪くなって集中治療室で治療を受けていたとのことですが…

かなり長い間、苦しい思いをされてきたので、ご家族や関係者の方々もとても辛かったことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

1 2 3 4 5