テレビ番組

小林正寿のミニマリストぶりがヤバすぎ!レインボー衣装も

さんま御殿に出演した小林正寿さん。

zip!に出演していた気象予報士なんですが、ミニマリストぶりがぶっ飛んでてヤバイ!とスタジオを騒然とさせました。

小林正寿さんのミニマリストぶりはどれほどヤバイのか、また、レインボーの衣装についてもお伝えします。

小林正寿さんはイケメン気象予報士!

真面目そうな外見は、気象予報士らしい印象そのままです。

zip!に出ているだけに、爽やかな雰囲気で好印象です。

「あまり物を持たない」ミニマリストで、身綺麗にしていそうな感じもしますよね。

ところが、そのミニマリストぶりはさんまさんをも驚愕させました。

布団を持たないのは、早朝の番組を担当しており、寝入ってしまうのを防ぐためだといい、料理についても「回鍋肉をよく作るが、お肉は手でちぎれるじゃないですか。でも長ネギがちぎれないので犬歯で」と歯でちぎっているとしさんまも驚き。「包丁を買ったらええやん」と言ったが「自分の体でなんとかしたい」とさわやかな笑顔で語った。これにさんまは「ZIP!クビになるで」とドン引きしていた。
引用:Yahoo!JAPANニュース

小林正寿さんのミニマリストはもはやミニマリスト超え?

何がミニマリストなのかというと、

  • カーテンがない
  • 布団を持たずダウンコートで寝る
  • 包丁を持っていない
  • お皿を使わない

カーテンがないために、夏に窓を開けていると虫が大量に家の中に入ってきたとか。でもカーテンをつけていない家はたまに見かけますので、そこまでおかしいことではないのかなと思います。カーテンつけてても、夏に窓を開けていれば虫は入ってきますしね…。

布団に関しては、布団で寝ると鼻血が出てしまうから捨てちゃったんだそうです。誰でも寝てる時に鼻血出たことがあると思いますが、捨てようと思うほど頻繁だったんでしょうか。

とはいえミニマリストでも布団は持っている人が多いはずです。中には「布団ではなく寝袋で寝る」というミニマリストもいますが、小林正寿さんの場合はダウンコートですからね。もはや寝具ではないし。

包丁を持ってないけど料理はするので、肉や長ネギは手でちぎるんだそうですよ。さらにそれを、炊き上がったご飯の入っている炊飯器に直接いれて食べるんだとか。

なんてワイルド〜!

出来上がりの料理写真はものすごいことになってそうですよね。
もはやミニマリストを超えたミニマリストです。

小林正寿さんは会話しても面白い!実は天然?

ミニマリストのエピソードもすごいんですが、会話の内容も天然かと思うほど面白いんです。

  • ご飯は3合まとめて炊いて、2時間かけて完食する
  • ご飯を小分け冷凍するということには無関心
  • 動物が好きなんです→「何が好き?」→カブトムシ、と答えてしまう

などなど…
あまりに天然すぎる発言に、サイコパス?の声もありましたが、「面白い人が出てきた!」とネット上も好印象です。

https://twitter.com/sir0free/status/1222125855545028608?s=20

https://twitter.com/kayushiyabako/status/1222118748619825152?s=20

小林正寿さんはレインボー衣装が好き?

zip!ではレインボー柄のマフラーを巻いたり、レインボー柄のネクタイをつけたりしている小林正寿さん。
シャツにもレインボーのワンポイントがある物を選んでいますね。

レインボーはzip!のイメージでもあるので、PRのためにもレインボーを身につけているんだと思われます。

まとめ

小林正寿さんはは、とにかくミニマリストぶりがすごくて天然と言われるくらい会話が面白いことがわかりました。

レインボー柄の衣装は「zip!」のイメージだけでなく、天気予報士としての印象にもあってますよね。

面白エピソードが多いので、今後バラエティでも見かけることが増えるかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。