芸能人

木下博勝医師は颯心会でパワハラ被害の退職准看護師Aは誰?現在は山形の本間病院?

木下博勝医師が、以前の職場でパワハラをしていたことが報道されました。

恫喝し、退職者まで出したということなんです。イメージは優しそうな感じがしていたので大変驚きました。木下医師は事実を否定している状態になります。

一連の流れや、被害者についてお伝えしていきたいと思います。

木下博勝医師は颯心会でパワハラ被害の退職准看護師Aは誰?現在は山形の本間病院?

についてお伝えしていきたいと思いますので宜しくお願いします。

木下博勝医師は颯心会でパワハラ

颯心会が経営する病院は、患者宅や介護施設へ医師が赴く訪問診療がメインです。

パワハラを告発したAさんは助手として、常勤の訪問診療医として働く木下氏に常に同行していました。そこで繰り返しパワハラを受けていたんです。

一緒に働いていた時のことを地獄の日々とまでいっています。これは単なる注意とかではこのようにはならないと思います。

退職者は7人。その内訳は‥

・医師 2人

・看護師 3人

・事務 2人

木下医師とは仕事がしたくないといった理由でした。事実無根だとしていますが、何もなくてこのようなことが果たして起こるのかとても疑問です、

木下博勝医師は颯心会でパワハラ被害の准看護師Aは誰?

・新人看護師

・木下医師について仕事をしていた

お茶の間では“恐妻家の気弱で優しい夫”という印象の木下氏。しかし准看護師として颯心会で働くAさんは、そんな木下氏からのパワハラに苦しめられ続けてきた。

「木下先生と仕事をした約2年間、毎日のように高圧的に怒鳴られ続け、時には暴力を振るわれたこともありました。ビクビクしながら過ごし、心が休まることはありませんでした。この2年間で『木下先生とは仕事をしたくない』と言ってドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めています。

今、木下先生の度重なるパワハラに対して、訴訟の準備を進めています。弁護士さんに相談して、12月16日付で内容証明郵便も送りました。この2年間、僕がどういう気持ちだったか、どれだけ我慢したかを本人に伝えたくて。慰謝料300万円の損害賠償請求と、それに応じない場合には法的措置も辞さないということも通告しています」

引用 週刊文春

まだ恫喝なら、本人にはそのつもりはなかったなどの酌量の余地があるかなと思いますが、暴力もあったという内容になっています。

新人で配属されてこのようなことになってしまっては非常に辛いですし、看護師自体を嫌いになってしまう恐れもあると思います。

名前やどんな方なのかは公表されておりませんでしたが、木下医師ははっきりと覚えているはずでしょうね。

記者に突撃され、プロダクションに確認してくださいとの対応の仕方でした。

事実無根だということですが、当時パワハラ現場を見ていた患者さんが、木下さんの診察を拒むほどだったんです。そのような状態では困るため、病院側が自主退職を促したんです。

意見が食い違ってますよね‥

木下博勝医師の現在は山形の本間病院?

木下医師と検索をかけると本間病院や山形と表示されます。

現在は非常勤で各地でお仕事をしています。

・山形県酒田市の本間病院

・千葉県八千代市の勝田台病院

担当は消化器専門です。大学でもお仕事をされたりしています。最近はコメンテーターとして活動されていたり、家族のユーチューブチャンネルを更新していたりと幅広く活動しています。

その様子は木下博勝のブログでも観ることができます。

この騒動後に初めてメディアに出る時の反応を気にされる方が非常にたくさんいらっしゃいました。

まとめ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。